福岡空港で出発までグルメ三昧とお土産探しで明太子

Pocket

福岡からのお土産で一番喜ばれるのはやっぱり明太子!

私が福岡の明太子を絶賛するのは、福岡の明太子は本当に美味しいと自信を持って皆さんに伝えたいからなんです

どこの地域でも明太子は作られている様なのですがやっぱり違う

博多の明太子は美味しい!!

博多明太子の代表にふくやの明太子がありますよね

そして北九州で有名な明太子もあるのをご存知ですか?

平塚明太子はちょっと味が違うんです

石原裕次郎も愛した明太子をご存知ですか?

★激辛平塚明太子は北九州名物★

皆さん、CMで有名な明太子をついつい選んでしまうと思いますが、やっぱり失敗したくないからだと思います

福岡平塚明太子

福岡県民でも明太子は高級品 だから福岡自慢のお土産です

今回 東京の娘が福岡北九州へ帰ってくる為の引越の助っ人でいくので、

職場の皆さんへお礼

一番喜ばれるのはやっぱり明太子 毎回私の選ぶ明太子は絶対にこれ!!

明太子というと どなたでも 必ず喜んでくれるんですよ♥

だから、なおさら、CMされてなくても本当に美味しい明太子を食べさせてあげたいのです

福岡のおみやげは明太子が一番喜ばれる

福岡住んでる私はどこへ行く時も おみやげは 明太子って決めている

よっぽど日にちが合わない時は 博多人気の通りもん

福岡の明太子は やっぱり美味しい その中でも大好きな明太子

平塚明太子はなんと10段階の辛さがあるんです

・辛さ10  激辛明太子

・辛さ 9  辛口明太子

・辛さ 8無着色「然」辛口明太子

・辛さ 7中辛明太子

・辛さ 6昆布付け明太子

・辛さ 5中辛マイルド明太子

・辛さ 4甘口明太子

・辛さ 3梅肉辛子明太子

・辛さ 2無着色「然」明太子

・辛さ 1柚子入り「響」辛口明太子

我が家はいつも辛口明太子

甘口は食べたことないなぁ~

ただ

先日、本店に購入にいくと なんと 激激辛が出てる!!

さすがに気持ちの整理がついてないから またのお楽しみ★

他の明太子に比べて 赤みが強いからびっくりするかもしれないですが

とにかく 旨味が決め手♥

平塚明太子が一番好き!! 絶対におすすめ

福岡の明太子はどれも 本当に美味しい どれを選んでも大丈夫

ですが私の好きな明太子を紹介すると 平塚明太子なんです

この平塚明太子は

北九州の枝光に本店(福岡県北九州市八幡東区白川町1-5)を構えている

小さな会社なんですが

あの有名な石原裕次郎や数々の芸能人からも大人気の明太子なんです

とっても辛い!! けど 旨味があって やめられない

知ってる人は必ずこの明太子を選んで買って帰ってる

家で食べる分のおすすめは 家庭用切子

おすすめは家庭用切子の 150g 1080円(税込)

福岡平塚明太子

これで3腹入っています

秘伝のタレに1ヶ月以上漬けこまれて味がしみ込んでるから旨味が凄いんです

平塚明太子と博多通りもんは福岡空港でも北九州空港でも 買えます

福岡空港では 大丸福岡の店舗で販売しています

今回私は1080円のパックを5つ購入しました

2160円のパックもあります

辛さは 10段階ありますが

だいたい私が目にするのは激辛・辛口・中辛

私はいつも辛口  激辛は心して食べてください(;゚Д゚)!!  笑

最近 枝光本店で 激激辛を見つけました!!

直営販売店・取扱店のご紹介

❖直営販売店

枝光本店、小倉店、戸畑駅店、門司港店、北九州空港店

❖取扱店

井筒屋(小倉店・コレット・黒崎店・田川ショップ・高須ショップ・宗像ショップ・行橋ショップ・曽根ショップ)、北九州空港店、エアポートショップ、マイング博多駅、壱岐の島、道の駅(新吉富・香春・大任桜街道)、北九州自動車道(古賀SA(下り))、東名高速道路((海老名SA)上り)

🔶注意🔶

ただ!! 気を付けて!!

美味しいのだけど、辛いの大好きな私でも 本当に辛い!!ヒリヒリ🔥

すこ~しだけ箸の先についてる明太子でご飯がどんどんいけます!!

袋に明太子と一緒に入ってるたれも絶対にすてないでくださいね

最後まできれ~いに頂けますから(#^.^#)

今まで平塚明太子を知らなかったら、なかなか手が出せないと思います

福岡や北九州へこられた方

平塚明太子を見かけたら 是非食べてみてくださいね

余談ですが 福岡の方は

大丸福岡のカードを持っていれば 空港で買えますしポイントも付いてきますよ

私は大丸友の会に入っているので、いつも大丸友の会で支払い(*’‘)

5000円の積立を1年すると5000円のボーナスが付きますよ凄い

★ふくやの明太子も気になる方~はこちらへどうぞ☆彡

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする